キラキラの恋しよう

萩谷慧悟(Love-tune/ジャニーズJr.)

忘れられない思い出を君がくれたよ

2018年の振り返りと萩谷くんへの気持ちの整理です。


今年の現場といえば、1月のハピアイと3月のJr.祭り(2月は仕事で行けなかった)くらいなので、短い振り返りになるかと思いますが。


【1月】



新年、帝劇で好きな人に会いに行くというイベントがわたしはとても大好きだった。特別な空間に思えて、そこに立っている萩谷くんもいつにも増して素敵に見えた。



ノイナ、星スパ、夜空ノムコウ、たくさん踊っていた二幕。大好きな舞台だった。ジャニーズの萩谷くんの集大成のような舞台。萩谷くんがジャニーズで、アイドルで良かったなあと思った。客席の片隅から見るステージの萩谷くんが、大好きだった。




※適当にその時期のツイート貼り付けていくスタイル…



【3月】



たくさんの奇跡が重なったJr.祭り合同公演。きっと一生語り継ぐ話なんですけど、「Happy Birthday」で萩谷くんに花束をもらった。



こっち側の通路を歩いてくれたこととか、アリーナ側じゃなくてスタンド側を見てくれたこととか、そもそも萩谷くんが花束選抜に居たこととか、全部が奇跡のように思えてくる。ほんとにほんとに嬉しい出来事で、オタク始めてから一番素敵なファンサだったようにも思う。



Love-tune単独公演もすごく夢みたいな時間で、愛と平和でいっぱいだった。安井くんを筆頭にLove-tuneのみんなが萩谷くんが、大きな夢を見せてくれた。

This is Love Song終わりのはぎちゃんからのメッセージ、「みんなと同じ未来を見れますように byけいご♡」がすごく嬉しくって、その言葉を信じて前向きな気持ちでいることができた。




Jr.祭りの後、春も夏も秋も冬が始まっても、萩谷くんに会える現場はひとつもなかった。そればかりか少しずつ少しずつ仕事がなくなっていき、目に見えて萩谷くんの活動の場がなくなっていった。








絶望したり、前向きな気持ちになったり、気持ちに波はあったけれど、この一年現場もない中でよくここまで変わらず萩谷くんのことを好きでいられたなと自分に驚いている。

ひろきくんの舞台に行ったり、とんちゃんの舞台を観に行ったり、メンズ地下アイドルの現場に一度だけ足を運んだりもした。夏はほぼハイハイの現場しかなくて、ハイビーちゃんと侍(かつきくん)のことを考える時間がとても多かった。

それでも変わらず萩谷くんに気持ちが戻って、いつかまたはぎちゃんに会えるといいなと未来を信じて待っていた。


【💚】

2018年の思い出ツイートです💬


(最終回を迎えた真夜プリのはぎちゃんまとめ)



(はぎちゃんの好きな発言)





【11月7日🎂】





盛大にお祝いしたい!と自分のなかでこつこつと計画していたもの…(笑)
ケーキも飾りも、よくオタクがやっているようなものを参考にしてわたしなりに考えて萩谷くんのお祝いをした( 。・_・。)💚

平成最後に相応しい祝い事になったと思う😙




【11月30日】

はぎちゃんのことが変わらず大好きだった。
気持ちはずっと変わらなかった。
でもどこかでやっぱり限界も感じていて、いざ現実を突き付けられると辛すぎて涙が止まらなかった。
でもアイドルとして10年生きてくれた萩谷くんに感謝の気持ちでいっぱいだった。







言葉にしてしまったら何かが変わってしまうと思うので、ここは明確な言葉にはせずに気の向くままに、楽しい方に流されていこうと思っています。



限界を感じ始めていた10月、伊藤健太郎くんという俳優さんに出会った。萩谷くんとはまた少し違った魅力を持つ男の子で、どんどん惹かれていった。


わたしがオタクをする一番の理由は、現実逃避するため。辛いことから逃れるための手段であると思っている。けど、この一年わたしの好きなジャニーズは辛いことが多くあった。現実も辛くて応援しているものも辛くて、わたしの逃げ場はどこにあるんだろう?と思い始めていた。

だからハイハイジェッツやゆうぴー、健太郎くんに逃げてる時間はとても幸せだった。何かしらのオタクをしていないと生きていけないんだなと思った。


萩谷くんはジャニーズを辞めたけれど、それですぐに気持ちが覚めてしまうようなことはない。でも、どうやって好きでいればいいのか少しだけ迷いもある。まだ好きでいてもいいとは思うけれど、応援していくとなるとまた別の覚悟がいる(ような気がする)

だからわたしは何かをやめるとか、担降りするとか推し変するとかそういった類いのことは考えないようにする。


変わらず萩谷担だし、健太郎くんのファンもすることにした。そして推しのゆうぴーやかつきくんのこともたまには見れたらいいなと思ってるし、丸山くんの活躍も見守っていたいと思ってる。

ただ気持ちの整理として、もともと丸山担から萩谷担で使っていたアカウントは一時休止のような形で呟くのをおしまいにしようかなと思っている。


これがいい機会だと思ったので、少しずつ現実も見ていきたいなとぼんやり考えている。
萩谷くんを好きになったほど、誰かを好きになってオタクをするのはもうやめようと思った(笑)

誰かを好きになって応援するのはきっとわたしの人生に必要なことだからまたすると思うけど、リアコとか重たいオタクはやめて綺麗な気持ちでファンでいようと思いました( ˘ᵕ˘ )


2018年のまとめというか、気持ちの整理でした。
2018年も萩谷くんが大好きで幸せでした。変わらず萩谷くんが好きなまま2019年に突入したいと思います。

2019年は健太郎くんにも会いに行けるといいです。次々仕事が決まっている健太郎くんだから、きっとその夢は叶うんじゃないかと思っています。


改めましてここまでお付き合い頂いた皆さん、ありがとうございました。丸山担のときも、萩谷担のときも、愛の重たいメンヘラツイートを繰り返して来ました。そんなわたしのツイートにお付き合い頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


もしよければ今後もまたどこかで仲良くしていただけたら嬉しいです。よいお年を。