僕は天使じゃないけどね

「ボクが死んだ日はハレ」



ジャニアイぶりに観た拡輝くんがとてもかっこよかった。


舞台も喪失とか死別がテーマのお話でとても重たかった。ダイレクトに響いた。


拡輝くんほんとに素敵だったよ~ どれだけ言葉を並べても足りないくらい。まだ足りない。



会場も150席くらいの小さな劇場で、追加席当たったこと自体が奇跡だと思った。


追加の席は本当に即席で用意したような、階段に座布団を敷いて座るような席。ど真ん中の二段目の階段の席だった。


拡輝くんが目の前で生きていた。やりたかったというお芝居を全力でやっていた。



そして懐かしいことに、もう見られないと思っていた笑顔で踊って歌ってバク転をする拡輝くんが見られた。


わたしが目で追ったジャニアイの拡輝くん、確かにアイドルだった拡輝くんの面影がちゃんとあった。


それがまた一層嬉しくて悲しかった。




喪失と再生。


拡輝くんもまたボクハレという舞台を通して、生まれ変わったのだなと改めて思った。


良かったなあ、言葉が止まらない。





2017年7月17日 「ボクが死んだ日はハレ」千秋楽 お疲れさまでした!


🙉💐←かわいくて気に入ってる 拡輝くん(おさるさんver)の千秋楽をお祝いする絵文字