萩谷くんを好きになるまで

萩谷くんを初めて認識したのは、ジャニーズWEST目当てでダビングしてもらった少クラ生放送スペシャルの回。

風磨くんに「萩谷がんばれ!萩谷!」と名前を呼ばれふわふわと無責任ヒーローを推す萩谷くん。

安井くんの「みんな萩谷に甘いっすね~」


この辺から萩谷くんを認識し始めたと思う。この子はみんなに愛されてる子なんだなっていうのが最初の印象。


気になった子はとりあえずネットで調べてみるんですけど、そこでたぶん地元が近いのを知ったのかな。

不思議なものでそこで親近感を覚えてからはびっくりするくらい彼のことを意識するようになりました。


同時に気になっていたのが岩橋くんと美勇人くんなんですけど、その時期はちょうどサマステ(ラブスノ)がやっていた期間。

わたしは意を決してJr.の現場に足を踏み入れました。

馬鹿真面目に平たいスニーカーを履いて行ったらまわりはヒール女子ばっかりで無事埋もれました。(オールスタンディング)


その後も美勇人くんと萩谷くんが気になっていたわたしは自然とLove-tuneに興味を持つように。

気づくとペンライトの色を緑で固定していました。


そして代々木体育館で行われていたABC-Zのコンサートにも足を踏み入れ、バック仕事をする萩谷くんを見に行きました。

もうほぼ萩谷堕ちしてました。


秋になりDream Boysの季節がやってきました。

この時のわたしの心境は、美勇人くんにとても元気をもらっているし美勇人くんのダンスが好きなので彼のことをアイドルとしてとても応援したい、萩谷くんは地元が近いし謎の親近感(?)を抱いているので普通に好き、みたいな感じで二分されていました。


実際ドリボ1回目観劇後は「美勇人くんばかり目で追ってしまったな…」ともしかしたら、という気持ちにもなりました。

でも気付いたら萩谷堕ちしてました。


きっかけとか理由とかはっきりしてるわけでなく、やっぱり「堕ちた」というのが一番しっくりくる。痛いのを承知で言うとこれって所謂「恋」というやつなのでは?と思うのです。


そこからは特に理由のなかった「好き」から少しずつ変化していき、萩谷くんの顔がとても綺麗でかっこいいことにも気が付いたし、ドラムを叩く姿、振りの大きいダンス、マイペースで短気な性格(かわいい)、綺麗な歌声…と次々に好きなところが増え、毎日好きが大きくなっています。


わたしは萩谷くんが大好きです!!