僕は天使じゃないけどね

「ボクが死んだ日はハレ」



ジャニアイぶりに観た拡輝くんがとてもかっこよかった。


舞台も喪失とか死別がテーマのお話でとても重たかった。ダイレクトに響いた。


拡輝くんほんとに素敵だったよ~ どれだけ言葉を並べても足りないくらい。まだ足りない。



会場も150席くらいの小さな劇場で、追加席当たったこと自体が奇跡だと思った。


追加の席は本当に即席で用意したような、階段に座布団を敷いて座るような席。ど真ん中の二段目の階段の席だった。


拡輝くんが目の前で生きていた。やりたかったというお芝居を全力でやっていた。



そして懐かしいことに、もう見られないと思っていた笑顔で踊って歌ってバク転をする拡輝くんが見られた。


わたしが目で追ったジャニアイの拡輝くん、確かにアイドルだった拡輝くんの面影がちゃんとあった。


それがまた一層嬉しくて悲しかった。




喪失と再生。


拡輝くんもまたボクハレという舞台を通して、生まれ変わったのだなと改めて思った。


良かったなあ、言葉が止まらない。





2017年7月17日 「ボクが死んだ日はハレ」千秋楽 お疲れさまでした!


🙉💐←かわいくて気に入ってる 拡輝くん(おさるさんver)の千秋楽をお祝いする絵文字

萩谷くんの好きなところ

なんで萩谷くんのことが好きなのか、萩谷くんのどこが好きなのか分からなくて、萩谷くんの好きなところは全部としか答えられないので「全部」の中身を考えてみた。

顔、マイペースで短気で人に流されないところ、ドラムが出来るところ、歌声が優しいところ、ハートのおくち、細くない太もも、ふわふわ(?)喋るところ、現役大学生なところ、埼玉県民、二重幅がちょうどいい、鼻筋がきれい、歯と歯茎がぴかぴか、いつもおんなじブレスレットをつけてる、小指の指輪、ほどよい脛毛、身長176㎝、結構みんなと仲良い、入所10年、ずっと黒髪だったのに金髪とか赤髪にし出す大学生、ダンスができる、携帯ケースが白雪姫、ディズニーがすき、ピアノが弾ける、作曲ができる、かわいい、目を開けて寝てる、文鳥を飼い始めた、しゅんしゅん、趣味がダイビング、ピアス開けてない、アニメにはまってるみたいなこと言ってたけどあんまり見てなさそうなところ、料理ができる、しらす入りチーズリゾット、カモミールティー、時々頭がおかしくなる(パギヤ)、「焼き肉は無理」、「なんで?嫌いなの?」、「もういい散れ」、スティックをくるくる回せる、はぎやけいご(名前がかっこいい)、萩谷慧悟(漢字もかっこいい)、恋を知らない君へ、好きな動物 鳥 イルカ、お腹痛そうな顔してる (常時追加予定)

まだまだ知らないところが多いです。